Mizuno Pro 118, 518, MP-18 SC( US) の数値比較

それぞれのここのレビューは以下から見れますが、数値を比較して見たいとおもいます。

 

<Mizuno Pro 118, 518, SCレビュー>

MizunoPro 118 (MP-18 MB):不動のマッスルバック

MP-18 SC:スプリットキャビティー

MizunoPro 518 (MP-18 MMC):マルチマテリアルキャビティー

 

<Mizuno Pro シリーズ数値比較>

  ボールスピード 飛出角度 バックスピン キャリー トータル飛距離
MB 120.0 MPH 17.9° 6198 RPM 170 y 180 y
SC 123.4 MPH 18.5°  6597 RPM  173 y  179 y
MMC 125.0 MPH  16.7°  6092 RPM  178 y  185 y

*MP518( MP-18 MMC) だけロフト角が違うので注意

 

<個人的感想>

 

 

 

 

 

 

・MBは難しいクラブでもあるので、リックさんでもベストヒットはなかったのかなという印象。

・Mizuno Pro 518はやさしめのクラブでかつ飛距離も安定して出せる感じ。

・打感や打音にシビアなゴルファーはやはり118( MB ) でボールがフェースに乗っている感触を大事にボールをコントロールするのがベストなんだと思う。

・ざっくりとした比較になったが、自分のスキルやスコアに合わせたクラブチョイスでゴルフが楽しくなるアイアンであることは間違いないと思います。

 

ミズノゴルフショップでのフィッティングはおすすめです。既製品のシャフトですぐプレイでもいいですが、自分にあったシャフトやライ角を資格を持ったフィッターが選んでくれるのでかなりいいです。またフィッティング後のオーダーとなると日本の工場(養老)からカスタマイズされて届くのであなたにあったONLY ONEの武器になりますよ〜




ミズノプロ Mizuno Pro 118 , Mizuno MP-18 MB レビュー

今回はミズノ2017年の新作アイアンのレビュー。個人的にもミズノショップで打ってきましたが、ミズノファンとしてやっぱり好きだなーと思う仕上がりでした。

今回のMP18シリーズは3タイプに分けてリリースされました。日本ではミズノプロシリーズとして登場です。

MizunoPro 118 (MP-18 MB):不動のマッスルバック

MP-18 SC:スプリットキャビティー

MizunoPro 518 (MP-18 MMC):マルチマテリアルキャビティー

 

まずはMizunoPro 118 ( MP-18 MB)の数値データとレビューからです。数値データーは毎度のRick Sheildsさんのレビューからになります。詳細は以下のデータ参照です。どうぞ〜

*英語わかる方は下のYoutubeへ

 

<スペック>

・Titleist Pro V1 を打っての比較

・シャフトは不明

・7I, 4I, PWでの数値比較になります。

 

<数値データ:7I>

 

 

 

 

 

 

7I の平均飛びデータは以下の通り

  ボールスピード 飛出角度 バックスピン キャリー トータル飛距離
MB 120.0 MPH 17.9° 6198 RPM 170 y 180 y

 

<リックさんのコメント>

・やはりMBの打感はすばらしいとのこと

・クラブヘッドはコンパクトな小さめ、ボールを置いて構えても小ささを感じる

・MBだけあり、構えた時の印象は「サムライソード」らしいですw

 

<個人的感想>

・MBの打感はやはり気持ちいというかゴルフがうまくなった気になります。

・今回のMBではクラブの中にあえて銅系の素材が入っているので、打音をより響くようにしているそうです。自分には違いはわかりませんw

・個人的には少々難しいクラブだが、MB使えるようになると楽しそう!

 




ミズノプロ Mizuno Pro 518 , Mizuno MP-18 MMC レビュー

今回はミズノ2017年の新作アイアンのレビュー。個人的にもミズノショップで打ってきましたが、ミズノファンとしてやっぱり好きだなーと思う仕上がりでした。

今回のMP18シリーズは3タイプに分けてリリースされました。日本ではミズノプロシリーズとして登場です。

MizunoPro 118 (MP-18 MB):不動のマッスルバック

MP-18 SC:スプリットキャビティー

MP-18 MMC:マルチマテリアルキャビティー

 

 

 

 

 

 

 

まずはMizunoPro 518( MP-18 MMC) の数値データとレビューからです。数値データーは毎度のRick Sheildsさんのレビューからになります。詳細は以下のデータ参照です。どうぞ〜

*英語わかる方は下のYoutubeへ

 

<スペック>

・Titleist Pro V1 を打っての比較

・シャフトは不明

・7I, 4I, PWでの数値比較になります。*4I,PWはここでは省略

 

<数値データ:7I>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7I の平均飛びデータは以下の通り

  ボールスピード 飛出角度 バックスピン キャリー トータル飛距離
MMC  125.0 MPH 16.7° 6092 RPM 178 y 185 y

 

<リックさんのコメント>

・MP-18 MBやSCより少々大きなゴルフクラブになっている感じ。

・MP-18 MBやSCより優しいゴルフクラブ

・MP-18 MMCの打感はSCやMBにくらべて硬めの打感

・デザインは相変わらず素晴らしい

 

<個人的感想>

・打感はやはりなんというか、ミズノ独特の(個人的感触)フェースの点でのクリーンヒットが手のひらに伝わる感じは健在。MP-15に近い打感ではある。

・MP-15と並べて比べると、ヘッドのサイズは明らかにMP-518 (MP-18 MMC)のほうが小さい。やや難しくなっている印象。

・実際のコースではどうなるかわからないが、数値を見るとグリーンでバックスピンで戻るというより、止まるか少し転がる気がする。

・コースでぜひバンバン打って見たいクラブですね〜

 

 




Mizuno MP-18 SC レビュー

今回はミズノ2017年の新作アイアンのレビュー。個人的にもミズノショップで打ってきましたが、ミズノファンとしてやっぱり好きだなーと思う仕上がりでした。しかしこのSCモデルは日本では未発売。。。これが個人的には一番ぴったりなんだけどな〜

今回のMP18シリーズは3タイプに分けてリリースされました。日本ではミズノプロシリーズとして登場です。

MizunoPro 118 (MP-18 MB):不動のマッスルバック

MP-18 SC:スプリットキャビティー

Mizuno Pro 518 (MP-18 MMC):マルチマテリアルキャビティー

 

まずはMP-18 SCの数値データとレビューからです。数値データーは毎度のRick Sheildsさんのレビューからになります。詳細は以下のデータ参照です。どうぞ〜

*英語わかる方は下のYoutubeへ

 

<スペック>

・Titleist Pro V1 を打っての比較

・シャフトは不明

・7I, 4I, PWでの数値比較になります。

 

<数値データ:7I>

 

 

 

 

 

 

 

7I の平均飛びデータは以下の通り

  ボールスピード 飛出角度 バックスピン キャリー トータル飛距離
SC  123.4 MPH 18.5° 6597 RPM 173 y 179 y

 

<リックさんのコメント>

・MP-18 MBより少々大きなゴルフクラブになっている感じ。

・MP-18 MBよりやや優しいゴルフクラブ

・MP-18 SCはMIDハンディキャッパー(18~シングル)くらいのレベルの人向け

・打感はソリッドっといった感じだが、ソフトな面もある

・打音はなかなか良い音とのこと

 

<個人的感想>

・打感はやはりなんというか、ミズノ独特の(個人的感触)フェースの点でのクリーンヒットが手のひらに伝わる感じは健在といった印象でした。打音も乾いた感じだけど、手のフィーリングは音よりややソフトな感じかな。

・スプリットキャビティーって新しい感じは良いと思う。

・PWあたりが少々ごつい感じが全体的なバランスとしてどうかとおもう。

・HC 18あたり以下の人なら、4I ~ 9I で PWは46°のSW入れるのが必須になりそう。

・個人的には少々難しいクラブだが、わざわざSCにするならMBにするのが良いかなと思うw

 




TAYLORMADE M2 2017 ドライバー Vs CALLAWAY GBB EPIC ドライバーの比較データ

今回はテーラーメイド( taylormade ) M2 2017 vs キャロウェイ ( callaway ) GBB EPIC のデータ比較となります。シャフトは aldila rogue 70x いつも彼が使っているものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的にはキャロウェイの顔が自分にはしっくりこなくて買うことは無いのですが、今回のジェイルブレイクという新しいものはきになるので、比較データはチェックしておきました。

毎度のRick Sheildsさんのレビューからになります。詳細は以下のデータ参照です。どうぞ〜

*英語わかる方は下のYoutubeからどうぞ

<スペック>

・Titleist Pro V1 を打っての比較

・シャフトはどれもaldila rogue 70x

・ロフト: M2 = 9.75° ,  EPIC= 10° (できるだけ近くにした結果となります)

<数値データ>

 

 

 

 

両クラブの平均飛びデータは以下の通り*画像データーですみません

 

 

できるだけロフト角を同じに合わせた状態で、4ヤードのトータル飛距離の違いがあるとはいえ、飛距離にはさほど違いが見られないというRickさんの結論。

ここでの大きな違いは、バックスピン量。エピックの方がスピン量が明らかに多く、M2はかなり低い。

 

<個人的結論>

どっちを買おうか迷っている方は、やはり一度実際に練習場(なるべく広いところ)で打って見て、「打感」や「打音」もチェックして、自分が快感に感じる方を選ぶのがベストな感じですね。

私の場合は、構えた時のクラブの顔と好きなゴルフプロも意識して購入していますw

ゴルフプロ?ってのは、練習の時もラウンドの時もローリーマキロイに成りきってますからwwww

 




ゴルフクラブを拭くタオルを買う

ゴルフクラブを拭くタオルなんて所詮消耗品なので、安けりゃいいやといろいろ探してたのですが、肝心のメルカリだと絶対景品とかでもらったりタダでもらったりしているタオルを結構いい値段設定で掲載しているので、徐々に面倒になり。。。。大笑

結局アマゾンで購入したのが破格の490円w さらっとどうだったか紹介したいと思います。

アマゾンマーケットプレイスでの購入

いつも色々と購入しているので、アマゾン経由なら安心だという感じはまだあるのですが、実は販売しているショップはHKにある会社で、中国で作られたものを空輸で送ってくれてるんですよ! こんなの初めてでびっくり。安いわけだ。届いたのかこんな感じ、もろ中国!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アマゾン側の画面では、HKの業者だとわかる

 

 

 

 

商品画面はこちら>>>>

評価が高いじゃん! でも、本当に3〜4日で届きました。助かったw

 

届いた商品オープン!

 

 

ちゃんと袋に入ってます!

 

 

 

 

 

 

 

結構いい感じですよ。すぐ消耗しても思い切って捨てられる!

 

 

 

 

 

欲しい方はこちらから購入できます。

キャロウェイ GBB EPIC SUB ZERO 3W

キャロウェイの日本での発表はまだですがw アメリカではすでに一般公開されている2017年のNEW Driver !!!!  

その名も、GBB( Great Big Bertha) EPIC SUB ZERO

ここでは、リックさんの3Wのレビューを見てみましょう。

*英語わかる方は下のYoutubeからどうぞ

2016年は、全英オープンでフィルミケルソンvsヘンリックステンソンのキャロウェイチーム同士の戦いが超印象に残っていますが、今年もまた良い対決がみれそうですね! ステンソンにおいては、ドライバーをほとんど使わず3Wを使うことが多いのでこれもまた楽しみです。3W で290yとか飛ばしてくるところが異次元ですが。。。汗

 

<変更された点>

・ほとんどすべてが変更。若干トップのデザインが前作から引き継がれているがほぼフルモデルチェンジ

・色!!! 絶対にゴルフクラブから撤退したNIKEを意識してるんだろうなとww

・前作より球を弾く感じがあるらしいが、私はまだ打ったことがないので不明

 

<数値データ>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-22-05-13

 

 

 

 

 

Rickさんのヘッドスピードが約49 m/s でキャリーで263y !!!!  トータル280y ってw 大笑  14.5° で打っているのも理由としてあるだろうけど、これだけ飛べばドライバーいらないなw

<Rickさん結論>

 

Rickさん個人としても利用したい素敵な3Wとなっているようです。よりまっすぐ飛び、高く飛ぶ、少々のフォギブネスがあり、打感も良いらしい。彼の2017年のゴルフバックの中に入る可能性が高いクラブのようです。 キャロウェイは結構質が高いゴルフクラブを出してくるので是非打ってみたいものです! 日本はまだまだ先になるかな〜

 




2017 テーラーメイド Taylormade M2 ドライバーレビュー by Rick Shiels

リックさん、M2レビューも超速いw 発表その日っすよw

2017 M1レビューの逃した方はこちらから>>>

*英語わかる方は下のYoutubeからどうぞ

2016年は、ローリーマキロイがNIKEからM2に変更したり、直近だとタイガーウッズもM2(2016)を使っていたりと、かなりの大ヒットを記録したテーラーのMシリーズ、私はタイトリストにハマってしまってますが、、、、実は結構気になっていますw

 

<変更された点>

・見ての通り、ボトムのデザイン。近代的と言って良い感じなのでは

・ジオクースッティック。。。変な名前の機能w

・色!!!

・打音は相当うるさくなったようです。。。乾いて締まった感じの前作の音好きなのにな〜

ここで動画では直接触れてませんが、色について間接的に伝えようとしているメッセージは、Nikeのゴルフクラブ等の撤退にともないライバル意識の強いTaylormade(アディダス) が仕掛けた囲い込み作戦的な意味がこもっているだろうw Nike色を取り入れたゴルフクラブのようですw

 

<数値データ>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-20-28-15

 

 

 

 

 

Rickさんのヘッドスピードが約49 m/s で先ほどのM1レビューだと約300y飛ばしていたのに関わらず、M2(2017)だとちょっと飛距離が落ちている印象です。

ただ、ボールのスピン量はやはり低い!!!

 

<Rickさん結論>

2016 M1,M2は両者ともに似た形でリリースされていたのに対し、今回は全く別物のドライバーとなっている印象。(打音、アジャスメント、デザイン) 詳しい数値データの比較はまた後ほど公開されるらしいので、そこで掘り下げるとしましょう。

2017 M1は 2016M1のスペックに近い形でのアップグレードモデルとなっている感じがするが、2017 M2に関しては 2016 M2のスペックとは少し離れたスペックでのリリースとなっているのではないだろうかとのこと。

私、個人としてはM2は無いなとw M1を早く試打して見たいものです!

 

 

2017 テーラーメイド Taylormade M1 ドライバーレビュー by Rick Shiels

Rickさん速いw メーカーから速攻支給されるレベルなんだろうな〜w

早速気になる詳細をチェーーーック! 

*英語問題ない方は、youtubeからどうぞ!

 

2016年はかなり多くのプロゴルファーが愛用したテーラーメイドM1とM2、今回はM1(2017) のレビューとなります。

<変更された部分>

・トップの白黒の割合とデザインが変わる。

・ボトムのマテリアルがカーボンになり、より軽く強くなっているだろう

・左右のアジャストがより幅広くできるようになった。

・ヘッドはM1(2016)より見た目大きめ

・色の変更

・打感はあまり変わらない

・打音が前作より大きめの音が出る

 

<数値的なデータより>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-19-48-19

 

 

 

 

 

Rickさんのヘッドスピードは、約49.62m/sと比較的速い方。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-19-48-34

 

 

 

 

 

トータルディスタンスは約300yという飛ばし屋なのですが、今回のM1(2017)のすごい点はボールスピン量!!!!

超少ないです!! すげー!

<Rickさんの結論>

前作M1(2016)の良いところを残し、さらに改良を加えられた感じがして素晴らしい出来。前後のアジャストメントで幅広くできるようになったことで後ろ寄りに持っていけば比較的優しめのドライバーになるが、ボールスピン量はそれでも少ない。

前よりにアジャストすると、かなり正確にボールを打てる人でないとかなり難しいクラブになるが、その辺はアジャストしていけばそれぞれ感覚でつかめるだろうって感じ。

Rickさん的には、ボトムのデザインと色は前作の赤と黒の方を好むみたいだけど、総合的に見てパワーアップしたM1に仕上がっている。

 

後ほど、2016M1と2017M1の比較ビデオと2017M2のレビュービデオがアップされるみたいなので、私もフォローアップしたいと思います!

 

 

 

 

タイトリスト 917 D2をFairway Golf ( USA ) にて買う

ちょっと遅くなりましたが、Fairway Golfさん(アメリカのお店)にてタイトリスト917 D2を購入したので、その流れをまとめたいと思います。

えー海外でわざわざと思われる人も多いかもですが、ざっくり自分にとってのメリットは2つありまして。

1、為替の相場によっては安く買える(当時はトランプ就任前のタイミングで円高)

2、シャフトの選択肢が豊富

為替の部分が個人的には重要ポイントだったので、このタイミングで円高なら買いだなとw すぐポチりましたwww

これを公開する理由は、詐欺サイトがある中でFairway Golfは大丈夫なサイトの一選択肢として知っておいてもらえると役にたつかなと思っています。

 

<オンラインでオーダー>

オーダーするところは日本のネット通販と変わりはありません。アカウント作成して、商品選んで、クレジットカード利用で決済。

Fairwayさんのサイトで注文画面を見てもらうとわかるのですが、シャフトの選択肢はかなり豊富。アメリカだとこれくらいの豊富なシャフトから買い物ができるとなると、移住したくなるものです。

 

<商品発送の連絡メールを待つ>

在庫があれば結構すぐ発送手続きをしてくれる感じです。ただ自分の場合、発売前のオーダーだったので注文後しばらくして発送となりました。

その際のメールはこんな感じ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-18-51-41

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカでも商品輸送はヤマト運輸を使われているので、向こうで発送されてからのトラッキングが可能でした。

 

<トラッキング画面>

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-06-18-55-32

 

 

 

 

 

 

Fairway Golfのサイトにメールに届いたトラッキング番号を入力するとばっちりトラッキングできました。

 

<送料>

送料は実は着払いです。自分の場合はだいたい2千円くらいだったのですが、その場で現金で払う。

 

<商品>

cv6vzrjviaatcxx

 

 

 

 

 

 

 

ゴルフクラブ用の専用箱に入って、梱包もしっかりされていました。自分がオーダーしたAldila Rip α70 Xはちと自分にはオーバースペックでしたが、前のドライバーのシャフトを入れ替えて今でも使っています。もし商品に初期不良的要素があれば、日本のアクシネットジャパンでもレシート持っていけば対応してくれること間違いないはずなので、特にアメリカだからという不便さはなさそうです。

*保証が受けられる理由としては、Fairway Golfがアメリカのちゃんとした代理店であること。レシート大事。アメリカのメーカーの対応はこれくらいあればほぼ間違いない。

<いい面>

・シャフト豊富

・円高だと有利

・ちゃんと追跡できる

・Titleist Vokey sm6とかもカスタムオーダーできて手頃なのも自分にはいいところ

・日本で買えないものがあったりする

<悪い面>

・サイトのスピード遅いw サーバーの問題だろうな

・商品到着まで数日かかる(国内だとおそらく2、3日だろう)

・カードの決済がすぐ行われる。(為替の部分はカード会社のタイミングチェックするのが重要w)

ダブルナンバーのPro V1おすすめです!