Titleist タイトリスト 917 F2 と915 Fを比べてみました

2016年の9月に新作のタイトリスト917シリーズを試打して以来、クラブの進化に感動し打感も性能も良くなった917を文句ないしに買おうということにしたのですが、その決め手となった幾つかのポイントをまとめてみました。皆さんの参考になればと思います。

<参考にした解説動画>

この解説動画で自分がF2に意思決定した部分

・自分の中でのFWはグリーンオンよりもどちらかというと1Wの代わりに左右ブレずにフェアウェイを狙うのが多いので、飛距離重視。F3はヘッドも小さく915Fに比べても実際少し小ぶりヘッドであること。

・打感>間違いなく917の方が締まった感じのいい打感です。個人的には915はヘッドが空洞でふわっと飛ぶ感じに思います。

・進化したアクティブリコーネルチャネルと、新しいSurefitテクノロジー。やっぱり性能アップしているしいいですね。

・917 F3の印象は、小ぶりヘッドで芯を食うのも少々難しい。

 

<実際に比べてみました。915F (左)vs 917 F2(右)>

cvhrvpeviaavn8h

 

 

 

 

 

 

 

実際に購入したものを比べてみました。正直、サイズ間はどちらも一緒です。写真で917がすこし浮いているように写っている理由は、ソール部分が変化したため、テーブルに置いたときにロフトがある感じになりますが、どちらも15°です。クラウン部分の色がまた昔のタイトリストに戻った感じはあります。落ち着いたグレーのクラウン。個人的にはこっちの方が好きです。

<実際に試打してみて>

実際に、917 F2と917 F3を試打してみて915Fからの乗り換えで違和感なくそのままスライドするとすれば、917F2がぴったりかと感じました。正直、現状の915Fには不満はなく、クラブを入れ替える予定はなかったのですが、打感と性能向上で買い換えることにしました。やっぱりいちばんの決め手は打感と音です。

 

皆さんの、買い替えの参考になればと思っております。

ダブルナンバーのPro V1おすすめです!(PR)

GDOゴルフダイジェストオンラインの自宅郵送からの買取やってみました

先日、使用していないTitleist Vokey Cold Forged ( 日本のみの販売)を三本ともGDOゴルフダイジェストオンラインの買取に出してみました。

ゴルフクラブは基本的にライフサイクルが早いので、値段が下がるのも早いし新しいモデルが出てくるのも早い。。。使わないものはどんどん売っぱらっていこうと思います。

<買取の流れ>

1、オンラインで買取してもらいたいクラブの大体のデータを入力

2、依頼を押すと、2−3日で専用ボックスが届きます。

3、初めて買取の人は公的な身分証明書をクラブと一緒にボックスに入れて送り返します(送料無料)

4、2−3日で査定額がオンラインで確認できます。自分の場合はこんな感じでした。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-17-53-14

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに、Titleist 915 D3 クロカゲシャフトでこの値段はないなと思ったので、915以外を売ることにしました。

それ以外のクラブに関しては、現金での受け取り(表示されている金額)、または、GDOのポイントで引き換えをすることができます。GDOポイントの場合は約10%UPでポイントが割増となります。

私の場合は、GDOポイントに変更しました。理由は、917F2を買う予定でいたので、そのまま変えちゃえって感じで勢いでやってしまいました。

<個人的なGDOポイントに関する印象>

ざっくりと感じた、GDOのポイント利用に関する印象は以下のとおりです。

・中古クラブで狙っているものがあれば、いいシステムだと思う。

・GDOの中古クラブや中古商品は他と比べても若干割高な印象。

・新品クラブの品揃えはそれほどいいものではない。

・中古クラブの品揃えもそれほどいいものではない。

・GDO経由でのゴルフ場予約>ゴルフ場利用でのポイント利用はありかなと思う。

・新品クラブや新品の商品の価格設定は他より明らかに割高。

 

日頃、お値打ち価格でゴルフクラブを検索購入している人たちにとってはちょっと良い条件ではないのですが、具体的に狙っているものがあれば、この買取システムは結構使えるものかと思います。また、GDO経由のゴルフ場利用も結構ありかなと、クラブを売ってタダでラウンドできるわけですからw

 

ダブルナンバーのPro V1おすすめです!(PR)

Scotty Cameron スコッティキャメロンの歴代パター 一覧確認方法

はじめに

2004年ごろ初めてキャメロンパターを手に入れた私なのですが、それ以降どんなモデルが出てるかを確認することもなく月日は流れ、自分のも含めて振り返れたらと思い色々調べた結果、やはり公式サイトですね。英語も多いので、リンク直接クリックでどうぞ。

キャメロンアーカイブ

ちょくちょくリンク先が変更になるので、もしリンクが切れていたらすみません! サイトリニューアルごとにページがやや見やすくなっているので、徐々に充実していけばうれしいなと思っております。

https://www.scottycameron.com/putter-archive/

キャメロンのカスタムページ

キャメロンの公式ページにカスタムでパターをオーダーできるのですが、パターを選ぶ時結構昔のモデルまで出てるのでかなり長年に渡って存在するモデルはチェックできるのですが、写真が少ないです。

https://www.scottycameron.com/customshop/findputter/

さいごに

個人的に一番きになるのは、2001年のTiger Woodマスター優勝時使用パター限定モデル。優勝時にTiger Woodが使用したを忠実に再現している限定品。触ってみたい

スコッティキャメロンの偽物を買わないための基本事項

スコッティキャメロン Scotty Cameron の素材 GSS, SSS, 009について