テーラーメイド TAYLORMADE M1 Vs ピン PING G LS TEC DRIVER どっちが飛ぶか?

 

毎度おなじみのリックさんの動画より抜粋します! 今回はテーラーメイド Taylormade M1 対 ピン Ping G LS Tec Driverのどちらが飛ぶかを実験しております。

ダスティンジョンソン vs バッバワトソンといった感じでしょうかw

バッバワトソンはロングドライブで有名ですが、マスターズ優勝もしているゴルファーでもあります。なので、単にぶっ飛ばすだけのゴルファーではないのです!

できるだけ遠くに飛ばせるに越したことはないので、きになる数値を見ていきましょう〜

 

<ドライバーのスペック比較> *リックさんが言うには、シャフトの感触はほぼ同じとのこと

・テーラーメイドM1 : ALDILA Rogue Black Limited edition 70 2.8 X 

・ピン Ping G Ls Tec Driver : 純正シャフト

 

<試打の数値> *今回はスピン量やヘッドスピード等の数値比較はない

・1回目

ピン: Miss, 324y, 312y 

M1 : 339y, 291y, Miss

・2回目

ピン: 293y, 316y, 289y 

M1 : 299y, miss, miss 

 

結果として、テイラーメイド M1がより遠くに飛んでいるのですが、彼の本番用ドライバーが テイラーメイドの M1ということもあり、使い慣れているのもあるんだろうな〜

あと、彼がピンで打った時に芯を捉えていなかったことも影響してそうなので、あまり厳密な比較にはなってない感じがしました。

でもやっぱりM1は芯に当たるといい乾いた音するし、すげー飛ぶな〜

 

アマゾンだと手軽にダブルナンバーのPro V1が買えます!(PR)

好きなもの : WEB IT, Nexus携帯, サッカー, 不動産, 仕事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です