アイアンをより遠くに飛ばすには Part2

イギリス英語訛りの、Rick Shielsさんより新しいアイアンのレッスンが公開されたので見てみました。

今回は、アイアンをより遠くに飛ばすレッスンのようです。3部構成になっていて、

1、ロフト

2、腕

3、スピードとパワー

この順でレッスンがあるようですね。パート2は腕です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-14-53-31

 

 

 

 

 

前回のレッスンでロフトのレッスンがあったのですが、それに加えて今回はボールを当てた後の腕をどうするか。

スイングをするとクラブを引き戻すケースが多いのですが、ここでは腕をできるだけ伸ばしたまま目標方向へとのこと。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-14-53-47

 

 

 

 

 

風の強い日のPar 3などではよくこのスイングでアイアン打ってます。個人的には大振りしなくて済むので結構低い球でまっすぐボールが飛ぶ印象。(個人的なフルスイングの満足感はありませんが。。。そんなの必要ないだろうけどw)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-25-14-54-03

 

 

 

 

 

<まとめ>

・ロフト角をできるだけ抑える

・腕はまっすぐ(引き戻さない)

・100yより遠くへ打ってみる

 

 

 

ダブルナンバーのPro V1おすすめです!

Father, Husband, EV好きのTesla Model 3 LR乗り 不動産投資好き、株はそんなに詳しくないです。 コロナ禍を機にpython勉強中 ブログはWEBの勉強のために続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。