羽田空港第3ターミナルP5 無料CHAdeMO使い方

記事の中身

仕事を一つ終えて次の現場までの間に羽田があったので立ち寄る事に、30分でも50kw級で充電できればナイスかなと思い立ち寄りましたが、最初に行くとステップが多く驚きました。皆さんのご参考になればと思い書いています。

現地到着

gogoEVアプリの口コミどおりに最初に予約車用ゲートに行った私。。。インターフォンでコンタクトを取ると、「ここではないです、一度バックして一般と同じどおりに入ってきてください」とだけ言われ、入って充電器に向かうと。。。「中のゲートを入って、手続きしてもらわないといけないんですよ」とまで言われるw

もう何が何か分かんないんだが、充電だけさせてくれ!笑笑

P5 の正式な入り方w

①一般と同じ感じでチケット取って入る
②1Fの立体に一度入る
③中から予約車ゲートに行き、インターフォンで充電の旨伝える
④管理事務所の場所で充電手続きチェックイン
⑤ぐるっと抜けてチャデモへ
⑥管理事務所のおっちゃんと充電器前で待ち合わせ

<注意>

パイロンはおっちゃんたちが動かしてくれるので、ユーザーは触ってはいけない。

駐車料金は30分無料だけど、手続きで5分〜10分は吹っ飛ぶ

充電方法

上記のステップを踏むと、おっちゃんが鍵を持って充電器に来てくれるのでプラグボックスを鍵で開けてくれる。それを指してスタートを押すだけ。

満足度は普通

少々面倒な手続きがあるので若干手間があるけど、使い方次第だなと思う。30分間の駐車料金を払うかたちで、1時間充電の間に空港内のラーメンを食べるとかできるのは最高!

まとめ

東京⇆横浜を走る際に途中にあるので便利な場所ではあるけど、わざわざ寄り道して充電するには少しストレスがあるのかなと思いました。何かの用事で空港に行く際についでに充電できればナイスなのかもしれません。または、1時間充電する予定にして、中で食事をするのもアリかとおもいました。

充電場所紹介

ナビをセットすれば問題なく到着できると思います!

せたが屋(らーめん)食べたかった

次回充電中にサクッとラーメンでも食べようかなと思いますw

Father, Husband, EV好きのTesla Model 3 LR乗り 不動産投資好き、株はそんなに詳しくないです。 コロナ禍を機にpython勉強中 ブログはWEBの勉強のために続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。