スルーザグリーンの異常なグラウンド状態のボール

状況:ショットしたボールがスルーザグリーン異常なグラウンド状態にあるボール

対応:異常なグラウンド状態にある玉となり、無罰で救済が受けられます。ゴルフ規則 25−1(i) 参照

方法:

<無罰の救済を受ける場合>

まず、救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、救済のニヤレストポイントよりもホールに近づかない所にその球をドロップしなければならない。救済のニヤレストポイントはハザード内やパッティンググリーン上であってはだめ。

救済のニヤレストポイントから1クラブレングスの範囲内に球をドロップする際、球は異常なグラウンド状態による障害が避けられ、しかもハザード内でもパッティンググリーン上でもない所のコース上に直接落ちなければならない。なのでなんどもドロップ可能。

 

フェアウェイ、ラフ、林などで一時的な水たまりや修理地に落ちたボールは、この方法で無罰の救済を受けることができます。覚えておくとスムーズにストレスなくラウンドできますよ。

 




好きなもの : WEB IT, Nexus携帯, サッカー, 不動産, 仕事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です